【3歳半】K式発達検査の内容と結果&診断~3歳の頃の発達や様子(後編)

発達検査

 

診断を受けるまでの振り返り、3歳編(後編)です。

3歳半で受けた、K式発達検査

 

発達検査を受ける日になりました。

 

その頃になると、絵本やDVDのセリフなどの独り言が多かったり、同じことを何度も何度も何度も聞いてきたりと特徴的な症状が出ていたので、もう発達障害なのだろうと覚悟を決めて臨みました。

受けたのは、K式発達検査でした。

 

 

K式発達検査は、姿勢・運動、認知・適応、言語・社会、の3つの領域から課題が出されます。
(3歳以上では、特に認知・適応、言語・社会面に重点がおかれます。)

 

積み木など子どもにとってなじみのある道具を使うので、子どもにとっては遊びと感じられ、自然な行動を観察しやすい検査と言われています。

 

実際の検査でも、心理士さんが積み木やカード、カップなど小道具を使ってテンポ良く、次々と課題を出し、いち子が答えていくというスタイルでした。

 

私は近くの椅子に座って見守っていました。

 

 

認知・適応の内容(一部)

 

認知適応の分野では、下記のような課題が出されました。(検査内容の一例です)

 

・【積み木の積み上げ】
積み木8個を積む

→できた

 

・【積み木の模倣】

心理士さんが積み木で作ったトラックと同じ物を作る

→好きなように積んでしまい、不通過

 

 

・【形の弁別①】

いろんな図形が描かれたシートを机に広げた状態で、図形のカードが手渡される。シートに描かれた同じ形の図形に、カードを合わせる。
(△のカードを渡されたら、シートに描かれた△に、カードの△の形を合わせる)

→できた。

 

・【形の弁別②】今度は、同じ形の図形を指差しさせる

→前の課題の指示からの切り替えができず、指差しではなく形合わせをしてしまう(これだと不通過)

 

・【フィギュア隠し】
赤と青のカップのどちらかにフィギュアを隠して動かし、フィギュアが入っている方のカップを当てる

→毎回赤のカップを覗いてしまい、不通過。(家ではできた)

 

・【折り紙課題】
四角を三角に折るところまではできたが、それ以上はできず。

 

・【描画】
線は引けるが、十字、丸は描けず、グチャグチャと好きなように描いてしまう。

 

・【入れ子】
大きさの異なる緑色のカップ3個と黄色のカップ3個を全て重ねて片付ける課題

→緑色とカップと黄色のカップに分けて片付けてしまい、不通過

 

・【記憶板】
めくると絵が描いてある板のうち3カ所をめくらせて、魚はどこ?お花はどこ?と答えさせる課題

→直後も、時間経過後も覚えていた。

 

 

 

言語・社会の内容(一部)

 

言語・社会の分野では、下記のような課題が出題されました。

 

・【絵・色の名称】
全て答えることができた。

 

・【比較課題】
大小、長短いずれも正解

 

・【自分の情報】
姓名、年齢、姓の区別いずれも正解

 

・【用途絵指示】
絵を見せてどんな時に使うか答えさせる

→全て正解

 

・【表情理解】
様々な表情が描かれたイラストを見せ、「怒った顔はどれ?」と聞いて指差しさせる。

喜んでいる顔のみ正解、怒っている顔、悲しんでいる顔は答えられなかった

(自信がなく、答えなかったと思われる)

 

・【数の復唱】
二桁までは正解、三桁は答えられず

※ここらへんから、集中力が完全に切れてフラフラと動き回り始める
(呼びかけると着席は可能だが、まともに検査に臨めていない状況)

 

・【短文復唱】
3語文を復唱させる

→一部が抜けてしまい、不通過

 

・【了解】
「雨が降ったらどうする?」といった質問

→答えられず

 

・【数の概念】
○の数を数えさせる課題

→10までは数えられた…と思う

 

 

姿勢・運動の内容

 

姿勢・運動の検査は、主に聞き取りで行われ、階段の上り下りやジャンプはその場でやるように指示がありました。

 

→階段上り下りはありはできたものの、両足ジャンプ、高さのあるところからのジャンプはできず。

 

試験の内容については、以上です。

 

 

 

結果と診断、主治医とのやりとり

 

以上が、いち子が3歳半で受けたK式発達検査の内容(一部)と結果です。

 

この検査をもとに出された発達指数は、下記のとおりでした。

 

●認知・適応         約1年半遅れ

●言語・社会         約半年遅れ

●姿勢・運動         約1年半遅れ

★全領域                約1年遅れ(発達指数69)

 

 

認知・適応は、1年半遅れと、かなり厳しい数値が出ました。

ただ、これに関しては、(できるはずなのに)指示の意図を読み取れずに不正解になった問題も多く、特性が数値を押し下げた面はあるのではないかと感じました。とはいえ、そこも含めての実力です。

 

言語・社会は、後半は集中力が切れてまともに臨めなかった面はあるとはいえ、実力相応の数値ではないかと感じました。

姿勢・運動も実力相応かなぁ…と。

 

主治医の先生からは、

「知識の習得や、パターンで覚えることは得意だが、意図を読み取る力が弱い」と言われ、

「力はある子だから、意図を読み取る力が伸びれば、発達指数は中心に寄ってくると思いますけどね」とのお話がありました。

 

私は、このとき発達指数というものを理解しておらず、
「知的な遅れもあるんですか」
と尋ねました。

それには
「知的な面も含めた遅れです」
と言われました。

 

「発達障害なんでしょうか」

と尋ねたところ、

「分かりやすく言うと自閉症スペクトラムです。ただ、あくまでも自閉症スペクトラムという特性であって、そのような特性があるからと言ってただちに障害になるわけではありません。社会的に困難が出てきた時に、支援をするために障害の診断をするんです。」

というような説明を長々とされました。

 

やはりそのときは、イマイチよく理解ができず、結局障害なのか何なのか、診断をされたのかどうかよく分からないまま説明は終わってしまいました。

 

でも、後から分かったのですが、結局はこの日のうちに、「自閉症スペクトラム障害」「軽度知的障害」の診断が出ていたのです。
診断を受けないと、療育を受けれませんもんね…。

 

 

親がショックを受けないようにするための配慮として、最初はボンヤリとした説明に留めることにしているのかもしれませんが、ちょっと分かりにくいなぁと思いました。

 

このように、いち子の場合、3歳半で受けた発達検査でアッサリと発達障害の診断を受けることになったのでした。

 

 

★続きはこちらです。

子どもの発達障害・知的障害を受け入れられなかった私が、障害受容できるまで。
長女のいち子は、3歳半で発達検査を受け、自閉症スペクトラム障害・軽度知的障害の診断を受けました。 障害を受け入れるまでの心境の変化や、気持ちを切り替えるためにやって良かったこと、今の気持ちなどについて書きたいと...

 

 

コメント