【発達障害】0歳のときの発達や様子(自閉症スペクトラム)

発達障害(自閉症スペクトラム)

 

 

長女・いち子は、3歳半で、発達障害(自閉症スペクトラム障害)、軽度知的障害の診断を受けました。

 

この記事では、診断を受けるまでの振り返りをしたいと思います。

まずは、0歳の頃の発達などについて。

 

0歳の頃の発達や性格

 

0歳時代は、発達が遅いということはなく、特性など特に気になる点もなく、発達障害を疑うことは全くありませんでした。

 

運動面の発達は早い方で、生後2ヶ月で首が座り、生後4ヶ月で寝返りをし、6ヶ月でズリバイ、7ヶ月でハイハイとつかまり立ち、8ヶ月で伝い歩きと、順調なペースで発達をしていました。

 

情緒面も特に問題はなく、抱っこを嫌がることもなく、目も合い、生後4ヶ月にはケラケラ笑うようになりました。

 

人見知りも生後3ヶ月くらいからでしょうか。結構早い段階からありました。
後追いもそれなりにありました。

 

おもちゃにもよく手を伸ばし、元気で活発な赤ちゃんでした。

 

 

0歳の頃の写真を見ても、ニコニコ笑って目を合わせている写真ばかり。

本当に、この子のどこが発達障害なの?と、今でも信じられない気持ちになります。

 

 

 

今思えば当てはまっていたかもしれない特徴

 

上記のように、0歳の頃は発達に何も問題がないように思われました。

 

目も合うし、よく笑い、多動ということもない。

発達障害の典型的な症状に当てはまらないので、この子は、発達障害ではないんだ!良かった!

 

0歳のうちに、私はそんな風に思い込んでいたのです。

 

 

しかし、今振り返ると、発達障害に当てはまっている特徴もあったかもしれない、とも思います。

本当に、今思えば…ですが。

 

例えば、社会性の発達に関しては、バイバイなどのまねっこを始めるのが少し遅く、当時は心配しました。

でも、11ヶ月にはやり始めたので、個人差の範囲内だと思うのですが。

 

また、手先の器用さの面では、10ヶ月頃になっても、手づかみ食べがなかなか上手くできませんでした。
食べ物を握りつぶしてしまったりと、力加減がよく分からないようでした。

ちなみに、不器用さは4歳になった今でもあります。

 

 

他にも、今思えば、ジッとしていられず、落ち着きがない性格でした。

外でもジッとしていられずにグズグズするので、あまりお出かけには連れて行く気にならず、家でもグズりがちで手のかかる子でした。
多動というほどではなく、集中している時間もあるので気にしていなかったんですけどね…

 

また、初めての場所で凄まじい泣き方をしたりと、過敏さもあったように思います。

 

 

このように、まねっこが遅く、不器用さがあり、落ち着きがなく、過敏さもある…

 

 

今無理やり思い返せば、当てはまっていると思われる特徴もあったかなと思います。

ですが、いずれも単なる性格の範囲、個人差の範囲と思えるようなことなんですよね。

 

まねっこが遅い子、手づかみ食べが下手な子、落ち着きがない子、敏感な子なんていくらでもいると思います。

 

 

やはり、いち子の事例を踏まえても、0歳の頃の発達などの様子で発達障害かどうかを判断するのは、甚だ困難なことなのではないかと思います。

 

 

そのくらい、発達障害だとは、全く思いもしていなかったのです。

 

 

 

1・2歳編へ続く↓

【発達障害】1、2歳の頃の発達や様子(自閉症スペクトラム)
長女・いち子は、3歳半のときに発達障害(自閉症スペクトラム障害)、軽度知的障害の診断を受けました。 診断を受けるまでの振り返り、1・2歳編です。 0歳編はこちら↓ 1歳の発達(言...

 

 

コメント